プロジェクト紹介

立命館大学カーボンマイナスプロジェクトとは?

 本プロジェクトは、バイオ炭による炭素貯留のカーボンマイナスのプラットフォームとビジネス・エコシステムの形成を促して、製炭業者の方々や農家のの方々だけではなく、消費者、企業を含めた多様な事業者・個人の共創・共生を目指します。

 化石燃料等で掘り出された二酸化炭素を再び地下に戻すことで、大気中の二酸化炭素の総量を減らすための試みです。現在はバイオ炭(炭化したバイオマス)を用いて植物が光合成によって蓄えた二酸化炭素を地中に戻す活動について取材・広報を行っています。

私たちの活動

 具体的には、カーボンマイナスの社会実装の実現に向けて、取材や広報活動などを行っています。

 農林水産省の農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究のひとつである、脱炭素・環境対応プロジェクト「農林水産分野における炭素吸収源対策技術の開発」のアウトリーチ活動の一環です。

立命館大学におけるカーボンマイナス実現に向けた研究・支援

立命館大学では、カーボンマイナスの実現に向けて、様々な研究・支援が行われています。

2021年1月27日に立命館大学で開催され「J-クレジットとバイオ炭農地炭素貯留」シンポジウムの発表内容を一部グラレコ(グラフィックレコーディング)でまとめました